注意 The Million Writing(ミリオンライティング)宇崎恵吾 レビュー

タカシです。

今回はThe Million Writing(ミリオンライティング)という
コピーライティングを勉強できる教材の紹介と
レビューをしていきたいと思います。

このThe Million Writing(ミリオンライティング)で学べるものは、
ネットビジネスを始めてわずか1年で
5億円以上稼いだ男のコピーライティングノウハウ。

このコピーライティング教材の製作者は億を稼ぐ男と、
彼の一番弟子の宇崎恵吾というフリーのコピーライター。

卓越したコピーライティングスキルを持つ実力者2人が共作した
The Million Writing(ミリオンライティング)は、
質の高いコピーライティングノウハウを
テキスト形式で理論的に学ぶ事ができます。

また、そのコピーライティングノウハウは、
ブログやメールマガジンなどの
アフィリエイトにも活かせる内容になっています。

その為、

・アフィリエイトを行っている
・コピーライティングを勉強したい
・コピーライティングスキルを高めたい

という人に私がおすすめしているコピーライティング教材でもあります。

それでは、
The Million Writing(ミリオンライティング)の
レビューの方にいってみましょう。

The Million Writing(ミリオンライティング)宇崎恵吾 レビュー

The Million Writing(ミリオンライティング)で学べるものは、
コピーライティングスキルを活かしてネットビジネスを始め、
1年で5億円を手に入れたという男のコピーライティングノウハウ。

まあ、そう言われても本当にそれだけ稼いだ人がいる事も、
その人が稼いだという方法が書いてあるなんて信じられないと思います。

「嘘でしょ?」
「そんなに稼げるわけがないだろ」
「わざわざ自分が稼いだ方法を教える人なんていない」

という感じに疑った筈です。

確かに1年間で5億円を手に入れた男がいる事や、
その男のコピーライティングノウハウが
このThe Million Writing(ミリオンライティング)に書いてある

と言われてもその事を信じる事ができないのも無理はないですよ。

私もその事を知った時は、「そんなわけあるか」と思いました。

でも、このThe Million Writing(ミリオンライティング)は、
インフォトップを仲介して販売しています。

インフォトップを仲介して情報商材を販売するには、
審査を合格する必要があるんですけど、
このコピーライティングライティング教材は
その審査を合格しているんです。

実際に1年で5億円稼いだ男がいる事と、
The Million Writing(ミリオンライティング)に、
年間5億稼いだ男のコピーライティングノウハウが書いてある事は、
業界大手ASPのインフォトップが審査をして事実だと認めている

という事になります。

インフォトップを通して
The Million Writing(ミリオンライティング)を販売する為に、
インフォトップの審査部とやり取りをしたのは、
この教材の販売会社イーブックジャパン代表の佐藤さん。

彼は年間で5億稼いだ男の一番弟子の
宇崎恵吾さんというフリーのコピーライターから、
1年で5億稼いだ男の収入を証明する資料を用意してもらって、
インフォトップの審査部と下記のようなやり取りをしたようです。

見ての通り、佐藤さんがインフォトップの審査時に送った資料が、
1年間で5億の収入を手に入れたコピーライターが
実際にいる事を証明している
んです。

それはThe Million Writing(ミリオンライティング)は、
年間で5億の収入を手に入れた男のコピーライティングノウハウが書いてある
という事を裏付けている事になります。

まあ、管轄税務署の印がついた所得申告書を見せられたら、
それだけ稼いだ事が本当だって認めざるを得ないですよ。

ただ、この実績はこのコピーライティング教材が販売された
2013年よりも前のだから、今もこの収入を
宇崎恵吾さんの師匠が維持しているかはわかりませんけどね。

でも、宇崎恵吾さんの師匠が年間5億の収入があったという証拠はあるので、
彼のコピーライティングスキルは本物だという認識で問題ありません。

The Million Writing(ミリオンライティング)は、
そんな彼のコピーライティングノウハウが学べるわけです。

5億円稼いだコピーライターのコピーライティングノウハウとは

成約を取れるコピー(文章)を書いていく為に、
超えていかなくてはならない
3つの心理の壁を越えていける文章(コピー)を書く。

その為に有効なスキルやテクニック、ノウハウを
The Million Writing(ミリオンライティング)で学ぶ事ができます。

成約を取る為に超えていかなければならない3つの心理の壁とは

・興味、関心の壁
・共感、信用の壁
・行動の壁

の事で、その3つの心理の壁を
越えていけるコピー(文章)が何なのかと言うと、

・読み手の興味や関心を引く
・読み手の共感や信用を得る
・読み手を行動させる

事ができるコピー(文章)の事。

宇崎恵吾さんの師匠は
その3つの心理の壁を越えていけるコピー(文章)で、

読み手の興味を引きコピー(文章)を読ませ、
そこに書いてある事に信憑性を与え、
商品を購入させる事ができる情報商材のセールスレターを書き続けた結果、
年収5億になったので、

商品の成約を取る(紹介している商品を読み手が買う)

という目的を達成する為に、
3つの心理の壁を超える事ができるコピー(文章)を書く事の
有効性は彼が証明しています。

また、アフィリエイトで月に7桁、8桁稼いでいる人達は、
記事やメルマガを目にした読み手に、
その記事(メルマガ)を読んでみようという興味を与え、
そこに書いてある事を信用させ、行動を取らせる。

そんな事ができる文章でブログ記事やメルマガを書いているんですよ。

The Million Writing(ミリオンライティング)のノウハウを活かし、
読者を反応させる事ができる文章でコンテンツ(記事やメルマガ)を作れば、
読者がいる限りアフィリエイトで稼げるという事です。

読み手の反応を引き出し、商品を成約させる方法は、
このThe Million Writing(ミリオンライティング)で学ぶ事ができます。

正直に言って、そこいらのコピーライティング教材よりも、
The Million Writing(ミリオンライティング)は、
成約を取れるコピー(文章)を書く為に有効なノウハウが学べ、
それを活かした文章が書ける内容になっている
と私は思っています。

何故なら、The Million Writing(ミリオンライティング)の
コピーライティングノウハウは具体的に書いてあるからです。

年間で5億円稼いだコピーライターがコピー(文章)を書くときに、

・何に注意し、どこに意識を向け、どんなテクニックを使っているのか
・何故、そうする事が有効なのか、という根拠
・それらをどう使えば効果的な文章(コピー)が書けるようになるのか

をThe Million Writing(ミリオンライティング)で学ぶ事ができるわけです。

コピーライティングの教材なら、その内容が具体的に書いてあるのが当たり前。

そうあなたは思ったかもしれませんが、
実はコピーライティングが勉強できる書籍や情報商材は、
抽象的な内容のものが多くて、その教材に書いてある事を読んでも、

「どういうこと?」
「何でそうするの?」

と、頭の中に、?(クエスチョンマーク)が浮かぶ事がある為、
そのコピーライティング教材に有効なノウハウが書いてあったとしても、
それに気づけない、理解できないという事があるんです。

そうなるから私はコピーライティング教材を読んでも、
そのノウハウを自分が書く文章(コピー)に活かしづらいと思っています。

そんな曖昧な表現で
ノウハウの説明をしているコピーライティング教材が多い中、

The Million Writing(ミリオンライティング)は、
1年で5億円稼いだ男のコピーライティングノウハウを
具体的に書いてあるから、
自分の書く文章(コピー)に活かしやすいんですよ。

・興味・関心の壁
・共感・信用の壁
・行動の壁

それら3つの心理の壁を越えていける文章(コピー)を書くポイントを
1つ1つ具体的に説明しているから、
それを参考に文章(コピー)を書くと
下記3つの文章を書けるようになるという事です。

・読み手の興味や関心を引く事ができるコピー(文章)
・読み手の共感や信用を得る事ができるコピー(文章)
・読み手を行動させる事ができるコピー(文章)

そんな文章(コピー)を書く事ができれば、
アフィリエイターとしてもコピーライターとしても稼ぐ事ができます。

実際にインターネット上の完成度が高いセールスレターや、
月に7桁、8桁稼ぐアフィリエイターが書くブログ記事やメルマガは、
この3つの要素で構成された文章(コピー)で書いてあります
からね。

でも、そんな文章(コピー)の書き方を
具体的に学べるコピーライティング教材は、
The Million Writing(ミリオンライティング)
みたいな一部の教材だけなんですよ。

曖昧にノウハウを説明している教材と
具体的にノウハウを説明している教材。

どちらの教材でコピーライティングを勉強したら
自分の書くコピー(文章)に活かせるかと言えば、
後者の具体的にノウハウを説明している教材ですよね?

だから、私は

The Million Writing(ミリオンライティング)は、
そこいらのコピーライティング教材を読むよりも、
成約を取れる文章(コピー)を書く為に有効なノウハウが学べ、
そのノウハウを活かした文章(コピー)が書ける内容になっている

と言ったんです。

コピーライティングが勉強できる本や情報商材の中でも桁違いの完成度

まあ、確かにThe Million Writing(ミリオンライティング)以外にも、
コピーライティングが勉強できる本や情報商材はありますよ。

でも、コピーライティング系の本は、
広告のキャッチコピー(ヘッドコピー)の書き方を
メインにしている傾向にある
んですよ。

キャッチコピー(ヘッドコピー)は読み手の興味を引く事が目的なので、
その書き方を中心に取り上げている傾向のあるコピーライティング系の本には、
読み手に信用されるコピー(文章)の書き方や、
読み手を行動させるコピー(文章)の書き方を説明していない事があります。

仮にそれらのコピー(文章)の書き方を説明していても、
コピーライティング系の本にはそこまで具体的に書いていないんですよ。

ある程度コピーライティングの知識がある人なら

「なるほど、そういうことか」

と、コピーライティング系の本に書いてある事から
得られるものがあると思いますが、
コピーライティングの勉強をした事がない人がその本を読んでも

「どういうこと?」

と、なってその本に書いてある事を吸収できないと思います。

まあ、コピーライティング系の本は、
実在するコピーライターが書いた広告を参考にして、

その広告に書いてある事が
どんな心理的な影響を相手に与える事を目的にしているのか
どうすればそんな心理的な影響を相手に与える広告が書けるのか

を解説しているのですが、抽象的な内容になっている傾向にあるんです。

それにコピーライティング系の本に載っているコピー(広告)は、
現実の商品が対象になっている為、
インターネット上の商品を対象にしたセールスレターを書く時や、
アフィリエイトなどのネットビジネスに活かす事は難しい
と思います。

あくまでもコピーライティング系の本は、
実在する会社の商品を対象にした広告の事を解説していますからね。

でも、その場で商品を購入する事ができる
インターネット上のコピー(文章)に求められているものは、
読み手がその場で商品を買う為の行動を起こすコピー(文章)なんです。

そんなコピー(文章)を書く為には

・読み手の興味や関心を引く
・読み手の共感や信用を得る
・読み手を行動させる

事ができる構成でコピー(文章)を書く必要があります。

どんなに読み手に取って価値のある事を書いても読まれないと、
それを書いた時間と労力が無駄になるだけで目的は達成できません。

また、そのコピー(文章)に書いてある事がどんなに価値がある情報でも、
読者に信じてもらえないと、
記事を読み終えた読者に行動を促しても反応が悪くなります。

それはセールスレターを書く時や、
アフィリエイトで商品を紹介するコピー(文章)を書く時も同じです。

セールスレターならそれを読んだ人が商品を購入してくれない。

販売(アフィリエイト)を目的にした記事なら、
読み手がアフィリエイトリンクをクリックして
商品のセールスレターを読みに行ってくれない。

ブログ内にある他の記事へ読者を誘導する為に
リンクを貼り付けてもそれを無視される。

という事になるわけです。

だからこそ、

読者の興味を引き、読者に信憑性を与え、読者を行動させる

そんな事ができる文章(コピー)を書く必要があるんです。

ただ、コピーライティング系の本は曖昧な内容のものが多いから、
その本に書いてあるノウハウを
ネットビジネスに活かす事は難しいと私は思います。

あと、コピーライティング系の情報商材に至っては、
The Million Writing(ミリオンライティング)などの一部のもの以外は、
高いだけで価値がないのが大半
なんですよ。

その点、
The Million Writing(ミリオンライティング)の
コピーライティングノウハウは、ネットビジネス市場に参入して
1年で5億円稼いだ男が実際に使っているものなので、
ネットビジネスでコピー(文章)を書く時に活かせますよ。

また、このコピーライティング教材は

・読み手の興味や関心を引く
・読み手の共感や信用を得る
・読み手を行動させる

事ができるコピー(文章)を書くポイントを、
心理学など科学的な視点からも1つ1つ具体的に書いてあります。

あと、The Million Writing(ミリオンライティング)は、
億を稼ぐコピーライターの一番弟子の宇崎恵吾さんが、
この教材で紹介しているテクニックを活かして書いたから、
どの文章がそのテクニックを活かして書いたものなのか注意しながら読むと

「このテクニックはこういう感じに使えばいいんだな」

って、参考になるんですよ。

その点も含めて、今の世の中に出回っている
コピーライティング系の本や情報商材と
The Million Writing(ミリオンライティング)を比べると、

「このコピーライティング教材よりも、
学んだノウハウを活かしたコピー(文章)を
自分が書けるような内容になっているものはないんじゃないか」

と私は思います。

私の経験としても、アフィリエイト(ネットビジネス)を始めた時に、
どんな文章を書けばいいのかわからなくて、

「この書き方でいいのかな・・・」
「こんな内容でいいのかな・・・」

って、文章を書く事に悩んだんですけど、
このThe Million Writing(ミリオンライティング)を読んで、

・読み手の興味や関心を引く
・読み手の共感や信用を得る
・読み手を行動させる

事ができる文章を書けばいい事がわかりましたし、
そんな文章を書く為にどんなテクニックやスキルが有効で、
それが有効だと言える理由、そしてその使い方と注意点も知れました。

私はその事を知れて良かったと思っています。

文章を書く時に
この教材のコピーライティングノウハウがかなり役に立ったからです。

他にも、The Million Writing(ミリオンライティング)を読むときに、
この教材のテクニックを活かして書いてある文章はどこにあるのか、
それがどんなテクニックを使って書いたものなのか注意して探した事で、
そのテクニックの使い方の勉強になりました。

そんなThe Million Writing(ミリオンライティング)を読んだ後に、
コピーライティング系の本を読んでみたら

「えっ、コピーライティングの教材がこんな抽象的な内容でいいの?」

って、驚いたんですよ。

私が初めて手にしたコピーライティング教材が
The Million Writing(ミリオンライティング)だったから、
それがコピーライティング教材の基準になっていた為、
当時読んだコピーライティング書籍の内容にショックを受けたわけです。

そして他のコピーライティング書籍を読んだら、

「コピーライティング教材の中でも
The Million Writing(ミリオンライティング)の完成度は桁違いだな」

って思うようになりました。

コピーライティングノウハウの具体性と文章量(情報量)、
アフィリエイト(ネットビジネス)への活かしやすさは、
The Million Writing(ミリオンライティング)が
明らかに上だという事に気付いたからです。

The Million Writing(ミリオンライティング)のコピーライティングノウハウは初心者にも解りやすい

The Million Writing(ミリオンライティング)には、
コピーライティングの他にも
心理学の視点からもノウハウが書いてあるんですけど、

その勉強をした事がなかった私でもスラスラ読める程、
この教材の説明は解りやすいんですよ。

・読み手の興味や関心を引くのに有効な心理テクニックは何で、
それをどう使えばいいのか

・読み手の共感や信用を得るのに有効な心理テクニックは何で、
それをどう使えばいいのか

・読み手を行動させるのに有効な心理テクニックは何で、
それをどう使えばいいのか

それらを心理学の知識がなくても理解できる内容になっているわけです。

でも、コピーライティングとか心理学に馴染みがないと、

「専門用語だらけで読みにくいんじゃないの?」
「小難しい話ばっかりで解りにくいんじゃないの?」

と、思うかもしれません。

でも、The Million Writing(ミリオンライティング)に
コピーライティングや心理学の専門用語が多く書いてあるかと言えば、
どちらかというと少ないと私は思います。

それにコピーライティングや心理学の専門用語が教材に出てきても、
それがどういうものなのか解りやすく説明しているから、
コピーライティングや心理学の初心者でも問題なく読めますよ。

私がコピーライティングの事を知ったのはこの教材が切欠でしたし、
心理学も

「カウンセラーが使うやつだっけ?」

というくらいの認識しかなかったんですけど、
この教材に書いてある事は理解できたし、
そのノウハウを活かした文章を書けるようになりましたからね。

だからThe Million Writing(ミリオンライティング)は
コピーライティングや心理学などの初心者でも、
そのライティングテクニックや心理テクニックを活かして

・読み手から読んでみようという興味を持つ文章(コピー)
・読み手が書いてある事に信憑性を感じる文章(コピー)
・読み手が行動する文章(コピー)

を書けるようになる内容になっていると私は思っています。

ただ、The Million Writing(ミリオンライティング)の
コピーライティングノウハウを活かした文章(コピー)を書くには、
何回もこの教材を読んで
それを参考に何回も文章(コピー)を書く必要があります。

当たり前の事なんですけど、できるようになるには、
できるまで行動を続けないといけませんからね。

この教材にもコピーライティングスキルを高める為には、
とにかく文章(コピー)を書きまくる事が大事だと書いてあります。

まあ、そう言われるとコピーライティングを勉強して、
そのスキルを伸ばすという事に高いハードルを感じて、

「自分にできるかな・・・」

と、不安なところがあると思います。

コピーライティングに馴染みがないと特に。

ただ、コピーライティングに求められているものは、
誰が読んでも凄いと思われるような文章(コピー)を書く事ではありません。

神がかった完璧な文章(コピー)を書く。

そんな能力はコピーライティングには必要ないという事です。

実際にその事は、
The Million Writing(ミリオンライティング)の
セールスレターにも書いてあります。

年間5億稼いだ男のコピーライティングノウハウでは
完璧な文章(コピー)を書く必要はないと
この教材の製作者が言っているという事です。

正直、完璧な文章(コピー)を書く必要がないってだけで、
感じていたハードルが低くなったんじゃないでしょうか。

じゃあ、どんな文章を書けばいいのかというと、

読み手の反応が取れる(心を動かす事ができる)文章(コピー)

そっちの方がうまいコピーや文章を書くよりも重要なんですよ。

成約を取れる文章(コピー)を書く為に
超えなくてはならない3つの心理の壁

・興味・関心の壁
・共感・信用の壁
・行動の壁

を超えていける文章やコピーを書くには、
読み手が反応し心を動かす事ができる文章や
コピーを書いていく必要があるからです。

読み手の心を動かす事ができる文章(コピー)の書き方は、
このThe Million Writing(ミリオンライティング)で学ぶ事ができます。

The Million Writing(ミリオンライティング)のノウハウを基に
文章(コピー)を書けば、読み手が反応する文章(コピー)を書くのは
決して難しい事ではないと私は思います。

とは言っても、文章を書く事が苦手だったり書き慣れていないと、
文章を書くという事じたいに高いハードルを感じているんじゃないでしょうか。

私も文章を書いては消すという事を何度も繰り返したり、
何も書けずに時間が過ぎるなんて事がある程、文章を書くのが苦手でした。

文章を書くのに必要な材料(ターゲットが知りたい情報)を揃えても、
それを文章にする事が上手くできなかったわけです。

でもこの教材で文章を書くのが苦手な人でも、
自然な文章を書く事ができる方法を知った事で
文章が遥かに書きやすくなりました。

それと、このThe Million Writing(ミリオンライティング)と、
そのセールスレターを書いた宇崎恵吾さんも
文章を書く事が苦手だったんですけど、
その方法によって文章を書くのが苦手なのを解決できたと書いてあります。

まあ、でも、宇崎恵吾さんは売る側の人だから、
調子のいいことを書いたって事も考えられるから、
正直、その事をそこまで信用してなかったんですよ。

でも、実際にこの教材に書いてあるその方法を試して文章を書いてみたら、
確かに文章が書きやすくなりました。

だから文章を書くのが苦手な人でも、
このライティングテクニックを使ったら文章を書きやすくなると思います。

評判が良いThe Million Writing(ミリオンライティング)その理由

The Million Writing(ミリオンライティング)は、
アフィリエイターからの評判がいいコピーライティング教材です。

「アフィリエイトをするなら
この教材でコピーライティングを勉強するのがお勧め」

という感じに多くのアフィリエイターに紹介されているんです。

その理由はこの教材の
コピーライティングノウハウに価値を感じたからだと思います。

価値を感じなければ、お勧めしようとはしないはずですからね。

他にもThe Million Writingがアフィリエイターに高く評価されているのは、
成約を取れるコピー(文章)を書く為に
有効なコピーライティングノウハウの説明が具体的で、
自分が書く文章(コピー)に活かせるから
だと私は思います。

どれだけ素晴らしいノウハウが書いてあるコピーライティング教材でも、
それを読んだらノウハウを活かせる内容になっていなければ
教材としての意味がありませんからね。

The Million Writing(ミリオンライティング)は、

・読み手の興味や関心を引く
・読み手の共感や信用を得る
・読み手を行動させる

事ができる文章の書き方が学べるから、
アフィリエイト活動を行うブログやメールマガジンの
コンテンツ(記事やメルマガ)を作成する時にも有効
ですよ。

現にアフィリエイトで大金を稼いでいる人は、

・読み手の興味や関心を引く
・読み手の共感や信用を得る
・読み手を行動させる

事ができる構成で文章を書いていますからね。

あと、The Million Writing(ミリオンライティング)が
3,980円という情報商材にしては良心的な価格で手に入る事も、
評判がいい理由の1つだと思います。

情報商材は1万以上の価格のものが多いんですけど、
価格と内容が釣り合っていないものが大半なんです。

そんな情報商材が多いから、
3,980円のThe Million Writing(ミリオンライティング)は
良心的な価格なんですよ。

内容もいいですからね。

専門書籍の中には5,000円や10,000円で販売されているものもあるから、
それと比べてもThe Million Writing(ミリオンライティング)は
まともな価格だと思います。

このコピーライティング教材が安い理由は
セールスレターに次のように書いてあります。

・価値のない高額教材や高額塾を売りつけているエセ成功者達を一掃する
・そんな人達に大金を払う情弱な人達を情弱でなくしていく
・本物の情報だけが選ばれるようにする

その為にこのコピーライティング教材は

「良心的な価格になっている」

わけです。

まあ、確かにThe Million Writing(ミリオンライティング)のような
価値のある情報商材を多くの人が手に取れば、
その分、それを紹介する人が増えるから、高いだけで中身がない情報商材や塾は
売れなくなるのでこの業界から消えますからね。

私としても高いだけで価値がない情報商材や塾に、
お金を払う人がいなくなるのは良い事だと思います。

詐欺的な情報商材の販売者や塾の開催者にお金を払う人がいなくなり、
本当に価値のある情報を必要としている人が知れる。

そんな健全な、というよりも当たり前の環境の方がいいですからね。

だから、情報業界の健全化に繋がる、
質の高いコピーライティングノウハウが学べる
The Million Writing(ミリオンライティング)を
情報商材にしては良心的な価格で販売している
宇崎恵吾さんとその師匠の姿勢は個人的に好感が持てます。

365日間の全額返金保証を無条件で付けているところも、
情報商材の販売者にしては消費者の事を考えている人達
だと思います。

仮にこの教材を購入して、
内容に価値がないと思ったら返金申請をすれば済みますからね。

まあ、365日間無条件の全額返金保証を付けて
The Million Writing(ミリオンライティング)を販売しているのは、
The Million Writing(ミリオンライティング)の内容に
自信があるからだと思います。

他のコピーライティング系の情報商材や書籍と比べても、
The Million Writing(ミリオンライティング)以上のものはない

と思うほど、
この教材で学べるコピーライティングノウハウは質が高いので、
購入者を満足させる事ができる

と宇崎恵吾さんとその師匠は判断したんでしょうね。

コピーライティング系の書籍は抽象的に書いてあるものや、
キャッチコピー(広告)をまとめた図鑑みたいなものが多いから、
ネットビジネスに活かしづらいんですよ。

私もコピーライティング系の本を読んだ事があるんですけど、
説明が曖昧だったし、キャッチコピーの紹介がメインだったから、

「これはアフィリエイト(ネットビジネス)に活かすのは難しいな」

と思いました。

だから、コピーライティング系の本を読んでも、
アフィリエイト(ネットビジネス)に有効なコピー(文章)の書き方の
参考にはならないと私は思います。

まあ、私がネットビジネスに活かせる
コピーライティング系の本を知らないだけで、
探せばネットビジネスにも応用できるものもあるのかもしれません。

だけど、そういうコピーライティング系の本を探す事に使う時間やお金、
労力を考えると「わりに合わないな」と思います。

ネットビジネスに応用できるコピーライティング書籍を手に入れるまで、
コピーライティング書籍を探して買って読む事に
時間とお金と労力を浪費する事を考えると、

それなら初めから
The Million Writing(ミリオンライティング)を読んだ方が、
コピーライティング書籍にかかる

「お金や時間、労力を無駄にしない」

で済みますからね。

コピーライティング系の情報商材は高いだけで中身がないのが大半だから、
コピーライティングを勉強できる情報商材を探すなら、
The Million Writing(ミリオンライティング)を選んだ方が、
他のコピーライティング系の情報商材を買って後悔する事もない
と思います。

The Million Writing(ミリオンライティング)は、
インターネット上でコピー(文章)を書きまくって、
年収5億になったコピーライターの
コピーライティングノウハウが書いてありますしね。

卓越したコピーライティングスキルを持つコピーライターが、
コピー(文章)を書く時に、
注意している事、意識している事、使っている心理テクニックを、
何故、そうするのか、その根拠と共に学ぶ事ができるわけです。

だから、自分がコピー(文章)を書く時に、
The Million Writing(ミリオンライティング)の
コピーライティングノウハウを活かす事ができます。

このコピーライティング教材のノウハウをアフィリエイトに活かすと

・集客(ブログに見込み客を集める)
・教育(信頼関係構築)
・販売(アフィリエイト)

の記事をより効果的に書けるようになるんです。

The Million Writingで学べる読み手が反応するコピー(文章)の書き方は、
アフィリエイトにも活かせるところも、
私がThe Million Writing(ミリオンライティング)を
お勧めする理由の1つにあります。

それにこのコピーライティング教材は
テキスト形式(文章)で書いてあるから、自分が文章を書く時に

「こんな感じに文章を書けばいいんだな」

って、参考にもなるんですよ。

The Million Writing(ミリオンライティング)は、
ネットビジネス市場に参入後、
1年で5億の収入を手に入れた男のコピーライティングノウハウを、
自分が書く文章に活かせる程、具体的に学ぶ事ができるから、
3,980円という価格以上の価値があると私は思っています。

このコピーライティング教材は多くのアフィリエイターがお勧めしているので、
そのノウハウの有効性は確かですよ。

仮に「買うんじゃなかったな」と思ったら、
返金申請をすればお金が戻ってくるから金銭的なリスクはありませんからね。

まとめ

The Million Writing(ミリオンライティング)は、

・コピーライティングを勉強したい
・コピーライティングスキルを高めたい
・アフィリエイト活動を行っている

そんな人に役立つ内容になっている為、
是非、読んで欲しいコピーライティング教材です。

インターネット上で商品を紹介するセールスレターを書きまくって、
年間5億稼いだ人が、成約を取れるコピー(文章)を書く為に、
使っているテクニックやスキル、ノウハウを学べるからです。

・読み手の興味や関心を引く
・読み手の共感や信用を得る
・読み手を行動させる

The Million Writing(ミリオンライティング)で学んだ事を活かして
文章を書けば、そんな事ができる文章(コピー)を
狙って書けるようになるわけです。

そんな、読んだ人が反応する文章(コピー)を書けるようになれば、
自分が書いた商品を紹介する文章(コピー)を読んだ人の
反応を高める事できます。

人が反応する文章で自分のブログ記事で商品を紹介したら、
それを読んだ人の購入意欲を高めた状態で
アフィリエイトリンクをクリックするという行動を起こさせる事ができる為、
紹介している商品の成約率が向上するわけです。

その結果、アフィリエイト収益も増えます。

この教材のコピーライティングノウハウを学び、
アフィリエイトに活かすと稼げるコンテンツ(記事やメルマガ)を作れる

という事です。

そんなThe Million Writing(ミリオンライティング)は、
具体的な解説でノウハウを説明しているから、
自分が書くコピーや文章にそのノウハウを活かしやすい内容になっています。

専門的な知識がなくてもスラスラ読める程、解りやすい内容だから、
コピーライティングの勉強を初めてする人でも問題ない。

私はそう思っています。

また、ノウハウの使い方や注意するところも書いてあるから、
そのノウハウを活かしたコピー(文章)を書きやすいんですよ。

The Million Writing(ミリオンライティング)は
コピーライティングスキルを伸ばしたい人にも役に立つ内容になっています。

何故なら、1年で5億円稼いだ男のコピーライティングノウハウを
理論的に解説している為、
この教材に書いてある事が何故、有効なのかという事、
その効果的な使い方、気をつけるポイントを知れるからです。

書籍や情報商材のコピーライティング教材は、
抽象的な説明になっているのが多くて読んでいて

「ん、どういう事?」
「こういう事なのかな?」

って、なるのでコピーライティングノウハウを吸収しにくい傾向がある中、
The Million Writing(ミリオンライティング)は読んでいて

「なるほど、そういう事か」

と、腑に落ちる内容になっています。

「こんな感じにコピー(文章)を書けばいいのか」

と、自分がコピー(文章)を書く時にこの教材のノウハウを活かせるので、
人に影響を与え、
人の心を動かす事ができるコピー(文章)を書けるようになるわけです。

このコピーライティング教材は、
1流のコピーライターが成約を取れるコピー(文章)を書く為に、
有効だと判断したスキルやテクニック、ノウハウを、
根拠と共にわかりやすい解説で勉強できます。

自分が書いたコピー(文章)を読んだ人に影響を与え、
自分が望んだ反応を読み手から引き出し、
自分が読み手に取って欲しい行動をとらせる

そんな事ができるコピーや文章を書く為に
必要な知識を身に付ける事ができるわけです。

その知識を基に読み手が反応するコピー(文章)を書いていけば、
コピーライティングスキルも伸びていきます。

自分が書いたコピー(文章)を読んだ人がどんな反応をするのか意識を向け、
相手に取って欲しい行動を取らせる為に、
この教材のノウハウを駆使してコピー(文章)を書いていく。

そうする事で読み手の心の動きを捉える感覚が鋭くなり、
自分が書いたコピー(文章)を読んだ人の反応を引き出し、
読み手が商品を購入するコピー(文章)を書く能力が上がるからです。

The Million Writing(ミリオンライティング)は、
人の心を動かせるコピー(文章)を書いて
成約を取る為に有効なスキルやテクニック、ノウハウが書いてあります。

ただ、完璧な文章を書く方法は説明していません。

この教材のコピーライティングノウハウは
完璧な文章を書く必要がないからです。

それよりも読み手の反応を取り、
読み手の心を動かせる文章を書く事の方が重要。

何故なら、いくら完璧な文章かけても
読み手に無視されたら意味がないからです。

読み手から反応を取れる文章(コピー)を書くポイントは、
この教材で具体的に学ぶ事ができます。

文章を書く事が苦手でも、
文章を書きやすくするライティングテクニックも知れるから、

文章を書く事に苦手意識を持っている人でも、
この教材のノウハウを活かして人が反応する文章を書けるようになる

と思います。

だから、コピーライティングの勉強をしたい人や、
コピーライティングスキルを高めたい人、アフィリエイトを行っている人に
The Million Writing(ミリオンライティング)は本当にお勧めです。

365日間の無条件全額返金保証も付いているから、
内容に価値を感じなかったら返金申請をすれば全額戻ってきます
しね。

The Million Writingは数多くのアフィリエイターがお勧めしているから、
この教材のノウハウを活かした文章(コピー)で記事やメルマガを書いて、
アフィリエイト活動をしている人が増えています。

それはコピーライティングスキルが高い人がより多くの結果を出し、
コピーライティングスキルが低い人は思うような結果が出せない。

そんな環境が情報業界にできあがりつつあると私は思うんです。

昔から情報業界は
コピーライティングスキルの格差(実力差)があるんですけど、
The Million Writing(ミリオンライティング)が登場してからは、
その格差が広がっている印象を私は持っています。

The Million Writing(ミリオンライティング)は、
他のコピーライティング教材よりも完成度が高いので、
この教材のコピーライティングノウハウを学んだ人と、学んでいない人とでは、

コピーライティングスキルに
明らかな差がつくと言っても言い過ぎじゃないんですよ。

そしてそのコピーライティングスキルの差は、
アフィリエイトで稼げる収入の差
でもあります。

アフィリエイトで稼ぐ為には、
稼げるコンテンツ(記事やメルマガ)を作る必要があって、
そのコンテンツを作るにはコピーライティングスキルが欠かせないからです。

アフィリエイトで稼げない人は、
読み手の興味を引きコンテンツ(記事やメルマガ)を読ませ、
そこに書いてある事に信憑性を感じさせ、
行動させる事ができる文章が書けない
から。

興味がないブログ記事やメルマガを読む人はいないはずです。

説得力がない話を聞いて信用する人もまずいません。

信用できない話を聞いて実際に行動しようとする人もいないはずです。

人が反応する文章で記事やメルマガを書けないと、
読者がいてもアフィリエイトで思ったように稼げないから、
記事やメルマガを書いた時間と労力が無駄になります。

そんな事にならないようにする為には、
コピーライティングを学び、
コピーライティングの実力を身に付ける必要があるわけです。

ただ、The Million Writing(ミリオンライティング)などの、
一部を除いたコピーライティング教材の大半は曖昧な内容になっているから、
そのコピーライティング教材のノウハウを
自分が書く文章に活かせるとは私は思えません。

その点、The Million Writing(ミリオンライティング)で学べる
コピーライティングノウハウの質と量、具体性は、
他のコピーライティング教材を大きく上回っているから、
コピーライティングを学ぶ上で強力な武器になりますよ。

このThe Million Writing(ミリオンライティング)のノウハウを基に
文章を書くと、自分の書いた文章を目にした人が興味を持って文章を読み進め、
その文章に書いてある事に信憑性を感じて、
自分(書き手)が取って欲しい行動を取る。

そんな文章を実際に書けるようになる為、
販売(アフィリエイト)を目的にした記事を書けば、
読み手の購入意欲を高めた状態でアフィリエイトリンクをクリックさせ、
読み手に商品の購入行動を取らせる事ができるという認識で問題ありません。

実際に稼いでいるアフィリエイターの書く記事は、
このコピーライティング教材のノウハウを基に書いてある事が多いんですよ。

このThe Million Writing(ミリオンライティング)で、
コピーライティングを勉強したアフィリエイターが書いた記事は、
The Million Writing(ミリオンライティング)を読んだ人なら
分かる特徴があるので、

「この人はThe Million Writingのノウハウで記事を書いているな」

と、わかりますからね。

そんな記事を投稿しているブログには、
お勧めのコピーライティング教材として、
The Million Writing(ミリオンライティング)を紹介しているんです。

それはこのコピーライティング教材の
コピーライティングノウハウを学んだ人が、
コピーライティングスキルを伸ばし、

人が反応する文章で記事やメルマガを書いて、
それらを読んだ人を成約させている事を意味しています。

アフィリエイトで稼げる人とアフィリエイトで稼げない人の違いは、
コピーライティングスキルの差だという事です。

もし、あなたがアフィリエイトで結果を出したかったら、
このThe Million Writing(ミリオンライティング)で
コピーライティングの勉強をした方がいいですよ。

・記事やメルマガを書いても読み手に読まれない
・記事やメルマガに書いてある事を読み手に信用されない
・記事やメルマガで紹介している商品を読み手が購入してくれない

なんて事になりたくなければ。

そう言える程、The Million Writing(ミリオンライティング)で
コピーライティングを勉強しないのは損をする事になると私は思っています。

こんな事が言える程、
The Million Writing(ミリオンライティング)は
良いコピーライティング教材なんですよ。

だから、

・アフィリエイトで稼げるコンテンツ(記事やメルマガ)を作りたい
・コピーライティングを勉強したい
・コピーライティングスキルを伸ばしたい

という人はThe Million Writing(ミリオンライティング)を手に取り、
そのコピーライティングノウハウを勉強する事をお勧めします。

>The Million Writing(ミリオンライティング)の購入はこちら

今よりも裕福な生活をしたくてアフィリエイトで稼ぐ事を選んだあなたへ

アフィリエイトで大金を稼ぎ続ける収入源を構築し、
経済的な自由を手に入れる為には、
何を学び、どんな行動を取れば良いのか

その答えを完全無料で公開します

あなたが経済的に自由になりたいと思っているのなら、
こちらをクリックしてください

お勧め情報商材 情報商材レビュー
アフィリエイター タカシのブログ