情報商材業界の悲惨な現実

タカシです。

情報商材の販促活動をする事でお金を稼ぐこの情報商材業界には、
自分が稼ぐ為に価格分の価値がない情報商材の販促を行う事を躊躇しない
情報起業家(情報商材販売者)や
アフィリエイター(マーケッター)が存在しています。

購入者を稼がせる事よりも自分の利益を優先して
高いだけで中身がない情報商材を制作、販売している情報起業家や、
そんな情報商材をお勧めしているアフィリエイターが
この情報商材業界に居るわけです。

そして、判断基準が曖昧な初心者や情報弱者が
彼らの被害者になってしまうという事が
この情報商材業界は非常に多い現実があります。

この情報商材業界に淡い幻想を抱いている初心者や情弱と言われている人が、
自分が稼ぐ為に価格と中身が釣り合っていない情報商材の販促を行っている
情報起業家やアフィリエイターに搾取される。

そんな悲惨な事がこの情報商材業界では頻繁に起きているわけです。

彼らが行っている悪行はこの情報商材業界のイメージダウンにしかなりません。

ただ、自分の利益を優先した姿勢で活動している
情報起業家やアフィリエイターが、
初心者や情弱に詐欺的な情報商材を売りつけて被害者を生むのは、
この情報商材業界で1つの形式図と言える程、非常に多いんです。

今回はそんな情報商材業界の悲惨な現実をテーマに話していきたいと思います。

情報商材業界の悲惨な現実

あなたは経済的な自由を得る手段の1つとして、
情報商材を見込み客に紹介して成約を取る事で利益を得る
この情報商材業界に興味を持ったんだと思います。

確かに、情報商材の報酬は高額に設定されている傾向にあるので、
自分が紹介している情報商材を
見込み客が購入する仕組みを構築できれば大金を稼ぐ事が可能です。

実際にそんな仕組みを構築して経済的な自由を手に入れている
アフィリエイター達がこの情報商材業界にいます。

ただ、この情報商材業界で活動しているアフィリエイターや
情報商材販売者(情報起業家)の中には、
真っ当なビジネスとは言えない行いをしている人達がいるんです。

それは、情報商材に馴染みの薄い初心者や情報弱者を搾取する
アフィリエイターや情報起業家の事。

彼らは自分が稼ぐ事ができるのなら、
詐欺的な内容の情報商材を制作、販売する事も、
その情報商材が素晴らしいものだと主張して、
判断基準の曖昧な情報商材初心者や情報弱者に売りつける事を躊躇しません。

何故なら、情報商材の判断基準が曖昧な情報商材初心者や情報弱者は、
再現性に問題があるにも関わらず高額な価格設定の情報商材を、

「高いから価値がある」

と錯覚して購入する傾向があるからです。

他人を搾取する事を躊躇しない情報起業家やアフィリエイターの全てが、
その価格の錯覚を意図的に利用しているかは定かではありません。

ですが、彼らが被害者を続出させる理由の1つに
その価格の錯覚がある事は確かです。

また、情報商材を判断する基準が曖昧な情報商材初心者や情報弱者は、
高いだけで中身が無い情報商材のセールスレターに書いてある、
謳い文句や煽り文句を鵜呑みにし易いところも、
この業界で悪事を行う人達が被害者を生み出す理由の1つになります。

高いだけの情報商材でもその情報商材の購入率を高める事を目的にした
煽り文句や謳い文句をセールスレターに書けば、
その事を信じて大金を払う情報商材初心者や情弱が多いから、
この情報商材業界には高い割に中身が無い情報商材が出回るんです。

その結果、自分が稼げれば相手が金銭的に損をしようが構わないという
姿勢で活動している情報起業家やアフィリエイターの被害に遭ってしまう
情報商材初心者(情弱)が続出している実情があります。

当たり前ですが、自分が稼ぐ事を優先している
情報起業家やアフィリエイターの行いは、
この情報商材業界のイメージダウンにしかなりません。

それにも関わらず、彼らのような自分が利益を得る為なら
他人を搾取する事を良しとする情報起業家やアフィリエイターが
被害者を続出させている現実がこの情報商材業界にあります。

情報起業家やアフィリエイターは価格以上の価値がある
情報商材を見込み客に提供(紹介)して、
お金を得る事があるべき姿だと私は思っているので、
他人に被害を加えて懐を暖める人にいい感情は全く持てません。

まして、情報商材は数万円~数十万円という
高額な価格設定で販売されていて、
その情報商材を購入するまで実際の内容が分からないんです。

その事を踏まえると、情報起業家とアフィリエイターが
見込み客に(提供)紹介する情報商材は
最低でも価格以上の価値があるものでなければならない。

そう私は強く思っています。

また、情報商材は実践して結果を出せなければ意味がないので、
情報商材の価値は「その情報商材で得られる結果」と「再現性」にあるんです。

その為、私は「その情報商材で得られる結果」と
「再現性」が申し分ないと判断した情報商材を
価格以上の価値がある情報商材として推奨(紹介)しています。

ただ、世の中に出回っている情報商材の中で、
価格分の価値がある情報商材は1割だけで、
情報商材の9割は価格と中身が釣り合っていません。

価格以上の価値がある情報商材を制作、販売している情報起業家は極一部で、
大半の情報起業家が高い割に内容が無い情報商材を制作、販売しているのが、
この情報商材業界の現実なわけです。

それは稼ぐ系の情報商材で言うと次のように言い換える事ができます。

・情報起業家の1割だけが購入者が稼げる情報商材を販売している

・情報起業家の9割は購入者が稼げる情報商材を販売していない

上記のように、この業界では購入者が稼ぐ事ができる
情報商材を制作、販売する情報起業家は極僅かで、
大半の情報起業家は購入者が稼げる情報商材を制作、販売していません。

また、世の中に出回っている情報商材の中には、
昔は通用したものの、
今では通用しない情報商材が高額で販売されている事が多いんです

真っ当な姿勢でビジネスを行っているなら、
価格と釣り合わない内容の情報商材を販売しようとはしないはずですが、
この情報商材業界に出回っている情報商材の大半は、
中身が無いにも関わらず数万円代~数十万円代で販売されています。

その事がこの情報商材業界には、
購入者よりも自分が稼ぐ事を優先した
販売姿勢の持ち主が多い事を物語っているわけです。

そのような自分本位な姿勢で活動する
情報起業家には消えて欲しいところですが、
情報商材を作成して販売する事自体は誰でもできるので、
稼げない情報商材でも売りに出す事ができてしまいます。

また、価格設定にしても情報商材販売者が自由に決める事ができる為、
価格と内容が釣りっていない情報商材でも
高額で販売する事ができてしまうんです。

実際に、有料レベルに至っていない情報商材の多くが
数万円代~数十万円代で販売されています。

現状、情報商材の内容と価格を決める采配は販売者が取る事ができるので、
価格分の価値がない情報商材を販売する情報起業家が存在しているわけです。

それは稼ぐ系の情報商材に限った事ではありません。

まして、情報商材の制作に掛かる費用は驚くほど安価に済ます事ができます。

情報商材の形式には「動画」「音声」「PDFファイル」があり、
それぞれ、動画の撮影、録音、ワードソフトなどで文章を書いて
PDFファイルで保存すればそれで完成するからです。

また、グーグルやヤフーなどの検索エンジンで調べれば知れる事を
そのまま説明しているだけの情報商材を制作すれば、
その情報商材の制作費は0(ゼロ)になります。

そんな情報商材でも数万円代、数十万円代で販売して、
その情報商材が売れればそれで利益を得る事ができるんです。

現にこの情報商材業界に疎い初心者や情報弱者は、
そんな価格と中身が釣り合わない情報商材を購入する傾向があります。

そんな有料レベルとは言えない情報商材にお金を払ってしまう
情報商材初心者や情弱を搾取する事を躊躇しない
情報起業家とアフィリエイターが被害者を続出させる。

それがこの情報商材業界の現実という事です。

価格と釣り合わない情報商材が世の中に出回る理由

そのような価格と釣り合わない情報商材を制作して高額な価格で販売する
情報商材販売者(情報起業家)が多い理由。

それは有料レベルに至っていないのに
高い情報商材を購入する情報商材初心者や情報弱者がいるからです。

高いだけで中身がない情報商材を買う人がいなければ、
その情報商材を販売する情報起業家と、
その情報商材を紹介するアフィリエイターはこの業界から自然消滅しますので。

ただ、情報商材は購入する以外の方法では正確な内容を知る事ができません。

その事を良い事に悪事を行う情報起業家やアフィリエイターは、
有料レベルとは言えないにも関わらず高額な情報商材を
あたかも価値があるように見せ掛けているんです。

それこそ、再現性に問題がある内容の情報商材でも、
検索エンジンで調べれば知れる程度の情報商材でも、
読んだ人の反応が取れる文章でその情報商材をアピールすれば、
すごい情報商材だと思わせる事ができますので。

まあ、価格分の価値がない情報商材のセールスレターには、
矛盾した事が書いてある事があるので、
その情報商材の分野(ジャンル)の知識がそれなりにあれば、
その情報商材の質をある程度見抜く事ができます。

ただ、その情報商材のセールスレターの矛盾に気付けずに、
その情報商材のセールスレターに書いてある
煽り文句や謳い文句、都合が良い言葉を鵜呑みにして、
その情報商材を購入してしまう情報商材初心者や情報弱者が多くいます。

例えば、稼ぐ系の情報商材なら、
その情報商材が高いだけで稼げない内容でも、

「稼げる」

事をイメージできる事をセールスレターに書けば、
その事を真に受けてその情報商材にお金を払ってしまう
情報商材初心者や情報弱者が多いわけです。

また、彼らは「高い情報商材だから価値がある」と錯覚する傾向があるので、
その価格の錯覚も彼らが高い勉強代を支払う要因の1つなっています。

見せ掛けの情報商材に価値を感じてその情報商材を購入したものの、
その情報商材代すら回収できずに挫折する。

それが一連の流れと言える程、この情報商材業界では情報商材初心者や
情報弱者が搾取されている現実があるわけです。

もちろん、情報商材は購入しないと正確な内容を知れない事を利用して、
その情報商材のセールスレターに煽り文句、謳い文句を書いて、
中身と価格が釣り合っていない情報商材を売る側(情報起業家)が
悪い事に間違いありません。

ただ、それを鵜呑みにしてその情報商材を購入して、
その情報商材を売る側にお金を渡す情報商材初心者、情弱がいるから、
その事に味を占める情報起業家が存在している実情があります。

それは、高いだけで価格分の価値がない
情報商材に付いている高額な報酬目当てに、
その情報商材を率先して紹介するアフィリエイターも同じです。

もちろん、私のように価格以上の価値がある
情報商材を紹介しているアフィリエイターや、
まっとうなビジネスを行っている情報起業家もこの情報商材業界にいます。

ですが、この情報商材業界には、

「自分が稼げればそれでいい」

という自分本位の姿勢で価値がない情報商材の販促を行っている
情報起業家やアフィリエイターがいるのも事実です。

結果、価値のある情報商材に辿り着く前に、
詐欺的な情報商材の販促活動をしているアフィリエイターと
情報起業家の養分になってしまう
情報商材初心者や情報弱者が続出している実情があります。

そのような事が、昔からこの情報商材業界では
1つの形式図と言える程、頻繁に起きているんです。

また、それこそが有料レベルとは言えないのに
高額な情報商材がこの情報商材業界に出回っている理由に他なりません。

この情報商材業界に価格と中身が釣り合わない情報商材が多いのは、
そんな情報商材を販売しても搾取する事ができる
この情報商材業界初心者や情報弱者が多いからだという事です。

ただ、この情報商材業界には私のブログも含め、
自分本位の人達が販売(紹介)している
情報商材に価格分の価値がない事を説明する
レビュー記事をブログ上に公開しているアフィリエイター達がいます。

詐欺的な内容の情報商材を販売しようものなら、
それを否定する多くのアフィリエイターのレビュー記事で、
その情報商材と販売者(情報起業家)の悪行や悪評が広まるわけです。

ですが、自分が稼ぐ為に他人を搾取する
情報起業家の悪行や悪評が広まっても、
彼らはこの情報商材業界から消えない現実があります。

何故、この情報商材業界から他人を搾取する人達が消えないのか

何故、この情報商材業界から他人を搾取する人達が消えないのか。

それは、この情報商材業界に高いだけで価値がない
情報商材を制作、販売する情報起業家が新規参入して悪評が広まっても、
その悪評を知らずに彼らの情報商材に
お金を払う情報商材業界初心者や情報弱者がいるからになります。

高いだけで中身が無い情報商材を買う人がいなければ、
その情報商材の販売者は稼げないので、
その情報商材を制作、販売する情報起業家は居なくなるからです。

とはいえ、この情報商材業界は他人を食い物にする情報起業家にとって、
都合がいい事に、自身の悪評が広まっても悪評を逃れる事ができます。

悪評が広まった情報起業家はその悪評逃れの為に、
「情報商材名」「販売者名」「販売業者名」を変えて
素知らぬ顔で活動する事ができるところも、
彼らの被害者が続出する理由の1つだと言えるわけです。

実際に、他人を搾取する情報起業家を否定するアフィリエイターによって、
自身の悪評が広まった情報起業家は、

・情報商材名

・販売者名

・販売業者名

を変えて、自身の悪行、悪評が無かったかのように活動しては、
その悪行や悪評を知らない人達に
高いだけで価値の無い情報商材を売りつけて被害者を続出させています。

昔からこの情報商材業界ではそんなイタチごっこが、
悪徳情報起業家と、彼らの行いを否定する
アフィリエイターの間で繰り広げらているわけです。

まあ、彼らの悪行を否定するアフィリエイターが存在する限り、
いくら個人や販売業者の名義を変えても
彼らの悪行が消えるわけではありません。

他人よりも自分の利益を優先して活動する情報起業家には、
その行いを否定するアフィリエイターの包囲網が張られる事になる為、
悪事を働いて長期的に稼ぐ(生き残る)事は難しくなるわけです。

実際に自分が興味を持った

・情報商材名

・その情報商材販売者名

・その情報商材販売業者名

でインターネット検索を行うと、その情報商材やその情報商材販売者、
その情報商材販売業者の評判を知る事ができます。

他人を搾取して稼ぐ事を良しとする姿勢の情報起業家(販売者)なら、
彼らが関与している「情報商材」「販売者」「販売業者」の
悪評が広まっている為、それらの名前でインターネット検索をすると、
彼らに搾取される(搾取され続ける)事を回避できるわけです。

とはいえ、悪評が広まるような情報起業家の被害に遭うのは、
彼らの悪評を知らない情報商材業界初心者や情弱が多い
現実がこの情報商材業界にあります。

何故なら、この情報商材業界に疎い初心者や情弱は、
この業界で詐欺的な活動をしている人物の悪評を知らない場合が多い為、
彼らが販促している情報商材にお金を払ってしまうからです。

まして、情報商材の判断基準が曖昧な初心者や情報弱者は、
情報商材のセールスレターに書いてある
謳い文句や煽り文句を鵜呑みにする傾向があります。

稼ぐ系の情報商材なら、その情報商材が高いだけで価値が無くても、
その情報商材の購入率を高める為にそのセールスレターに書いてある
謳い文句や煽り文句を真に受けて、

「この情報商材は稼げる」

「この情報商材は価値がある」

と錯覚してしまい、その情報商材に大金を払ってしまう
情報商材初心者や情弱が多いわけです。

また、彼らは高いでけで中身が無いにも関わらず
高額な価格設定の情報商材を、

「この情報商材は価値があるから高額なんだ」

と錯覚して大金をドブに捨てる傾向があります。

その情報商材のセールスレターに書いてある矛盾に気付ければ、
その情報商材の質をある程度、判断する事ができますが、
そのセールスレターの矛盾に気付ける
この情報商材業界初心者や情弱が多いわけではありません。

それでも、この情報商材業界で悪評が広まっている
人物や情報商材の事を知っていれば、
その被害に遭う事を避けられるはずですが、
この業界にはその悪評を知らない情報商材業界初心者や情弱が多いんです。

結果、この情報商材業界で悪事を行っている人達に
再現性に問題があるのに高額な情報商材を売りつけられて、
お金を巻き上げられる情報商材業界初心者や情弱が続出する。

それがこの情報商材業界の現実なんです。

その中には、その情報商材で成果を出せないと販売者に相談すると、
他の情報商材を売りつけらて更に搾取される被害者もいます。

その彼らが自分がお金をドブに捨てた事に気付くのは、
自分が購入した情報商材やその情報商材販売者の評判を
インターネット検索を行い知った時なんです。

悪評が広まっても名前を変えて悪評逃れを行えば、
その悪評を知らない情報商材業界初心者や情弱から搾取する事ができる為、
仮に被害者から繰り返し搾取できなくても懐を暖める事ができてしまう。

その為、自分の利益を優先して他人を搾取する情報起業家は
有料として販売できるレベルに達していない情報商材を制作しては、
数万円代、数十万円代という高額な価格で販売しているわけです。

そのような悪行を繰り返し行っていれば悪評が広まりますが、
彼らはその悪評逃れの為に販売者名や販売業者名を変えて、
素知らぬ顔で活動を続け被害者を生み出しています。

この業界から他人を搾取する情報起業家が消えないのは、
自身の悪評が広まっても名義を変えて活動すれば、
その悪評を知らない情報商材業界初心者や情弱から
お金を巻き上げて利益を得る事ができるからだという事です。

それは彼らの情報商材を紹介するアフィリエイターも例外ではありません。

この情報商材業界でビジネスを行うなら、
価格分の価値がある情報商材を見込み客に提供(紹介)するべき。

そう私は強く思って活動しているので、
自分が稼ぐ為に高いだけで価値のない情報商材を販促している
情報起業家やアフィリエイターには良い感情が全く持てません。

真っ当な姿勢で活動している人なら私と同じ意見のはずです。

現にこの情報商材業界には私のように、
他人を搾取して稼ぐ人達を否定するアフィリエイターがいます。

自分本位な人達が販売(紹介)している情報商材に
お金を払う価値がない事を解説するレビュー記事を
ブログ上に公開しているアフィリエイター達がいるわけです。

その為、自分が興味を持った(購入した)情報商材や
その販売者に疑問を持ち、それらの事を検索エンジンで調べると、
その情報商材がや販売者、販売業者の評判を知る事ができます。

その情報商材や販売者、販売業者の悪評が広まっているなら、
その情報商材や販売者、販売業者の悪評を知り、
彼らに搾取される(搾取され続ける)事を回避する事ができるわけです。

また、自分が稼げれば他人が損をしようが構わないという姿勢で活動する
情報起業家は悪評逃れの為に名前を変えて活動しても、
彼らを否定するアフィリエイターによって自身の悪評、悪行を拡散されます。

他人を搾取する情報起業家は、
彼らを注意喚起するアフィリエイターに包囲される為、
この情報商材業界で生き残る(悪事を行い続ける)事が難しくなるわけです。

実際に、他人を搾取する情報起業家やアフィリエイターの
注意喚起を行うアフィリエイターの存在によって、
この業界から淘汰された悪徳情報起業家、悪徳アフィリエイターがいます。

ただ、この情報商材業界は他人を搾取する情報起業家、
アフィリエイターが新規参入する事ができます。

また、悪評が広まっても、名前を変えて悪評逃れを行う事ができる為、
しぶとく生き残っている情報起業家やアフィリエイターがいるんです。

彼らが高いだけで中身がない情報商材を販促するのは、
その情報商材に大金を払う人がいるからに他なりません。

結局、他人を搾取する人達が販促する
高いだけの情報商材にお金を払ってしまう人がいる限り、
この情報商材業界から彼らのような自分本位の情報起業家、
アフィリエイターが完全に消える事はないんです。

価格と釣り合わない情報商材を高額な価格で販売しても、
その情報商材に大金を払う人がいれば、
自分が稼ぐ為なら他人を搾取する事をよしとする
情報起業家、アフィリエイターは懐を暖める事ができますので。

その結果、情報商材を買う側からすると迷惑な事に、
価格と中身が釣り合っていない情報商材が量産され、
世の中に出回っている情報商材の大半は
高いだけで中身が無いという現実が情報商材業界にあります。

もちろん、価格以上に価値がある情報商材を販売している情報起業家や、
その情報商材を紹介するアフィリエイターもいるんです。

ただ、この情報商材業界初心者や情報弱者は
情報商材の良い悪いを判断する基準が曖昧な傾向があります。

また、彼らの多くは、他人を搾取する人達が
この情報商材業界に潜んでいる事を知っているわけはありません。

その為、この情報商材業界に疎い初心者や情弱は、

「自分が稼げるならそれでいい」

という姿勢の情報起業家、アフィリエイターが販促している
高いだけで価値がない情報商材でも大金を払う傾向があります。

この情報商材業界初心者や情報弱者の多くは
価値がある情報商材に辿り着く前に、
高い割に中身が無い情報商材を販促する情報起業家、
アフィリエイターの被害者になってしまう事が多いわけです。

この情報商材業界には他人を搾取する情報起業家、
アフィリエイターが存在している為、
情報商材業界の知識が不足している初心者や情弱は、
価格以上の価値がある情報商材に辿り着く事さえ難しい。

そんな現実がこの情報商材業界にあります。

逆に、自分が稼げるならそれでいいという姿勢で活動する
情報起業家やアフィリエイターにとっては、
この情報商材業界初心者や情弱は警戒心が薄い為、
都合のいい存在(お財布、ATM)に他なりません。

高いだけで価値が無い情報商材でも、
その情報商材がすごいものだと煽れば、
それを鵜呑みにして大金を払う
この情報商材業界初心者や情弱が多いですので。

価値がない情報商材を高額で販売しても、
その情報商材に大金を払うこの情報商材業界初心者、情弱が多い為、
他人を搾取する事を躊躇しない情報起業家、アフィリエイターは
この情報商材業界から完全に消える事はない。

その為、彼らの被害者が続出する。

それがこの情報商材業界の現実だという事です。

タカシが紹介する情報商材は大丈夫なのか

以上、今回は情報商材業界の現実をテーマに話してきました。

今回、解説した事はこの情報商材業界で他人を搾取して稼いでいる
情報起業家、アフィリエイターにとって都合が悪い事に他なりません。

彼らはこの業界初心者や情弱の「無知」や「警戒心が薄い」ところに、
つけ込んでお金を巻き上げている為、
この記事を読んでこの情報商材業界には、

・他人を搾取する情報起業家

・他人を搾取するアフィリエイター

がいる事を知り、情報商材に対して「警戒心」を高められる(持たれる)と、
彼らの情報商材にお金を払う初心者や情弱が少なくなるからです。

また、この記事を読んで、
私が搾取するアフィリエイターなのではないかと不信感を持ち、

「タカシが紹介する情報商材は大丈夫なのか」

という不安や懸念を持った人もいると思います。

ただ、詐欺的な情報商材を紹介するよりも、
価値がある情報商材を紹介した方が得られる利益が多いので、
私が紹介する(お勧めする)情報商材は価値がある情報商材だけです。

そもそも、情報商材アフィリエイトで長期的に稼ぐには、
見込み客と信頼関係を構築して、
その信頼関係を維持する事が重要になります。

その為には、見込み客が価値を感じる情報の発信を続ける事と、
見込み客を満足させる事ができる情報商材を紹介していく必要があるんです。

仮に、私がアフィリエイト報酬が高く設定されている
詐欺的な情報商材を紹介したら、その時点で相手の期待を裏切る事になる為、
その相手との信頼関係は崩壊します。

そうなると、その相手と再び信頼関係を結べる可能性はありません。

信頼関係を構築した相手の期待を裏切る情報商材を紹介すると、
その相手との関係が終わってしまうので、
その相手と信頼関係を維持していれば、
今後、情報商材を紹介して得る事ができた利益を自分から捨てる事になります。

高額なアフィリエイト報酬目当てに詐欺的な情報商材を紹介すると、
情報商材アフィリエイトで稼ぎ続けるのに、
欠かせない見込み客との信頼関係を終わらせる事になる為、
情報商材アフィリエイトで長期的に稼ぐ事が出来なくなるわけです。

私は長期的な利益を上げる(稼ぎ続ける)事を目的に、
情報商材アフィリエイトを行っているので、
詐欺的な情報商材を紹介して
見込み客からの信用を無くすような事はしたくありません。

それに、見込み客との信頼関係が崩壊すると、
私が運営しているブログの記事やメルマガの原稿を作成するのに使った
時間と労力が無駄になってしまいます。

その記事とメルマガの原稿の作成には少なくない時間と労力を使っている為、
それらの作成に掛けた時間と労力を無駄にしたくありません。

また、目先の利益を優先して
価値が無い情報商材を紹介して得られる利益よりも、
その見込み客と信頼関係を継続した方が多くの利益を得る事ができるんです。

詐欺的な情報商材を見込み客に紹介した場合、
仮に成約を取れてもその見込み客との関係が終わる為、
今後、その見込み客に別の情報商材紹介する事ができなくなります。

それに対して、見込み客と信頼関係を構築して、
その信頼関係を継続する事ができれば、
その見込み客に複数の情報商材を紹介した時に
複数の情報商材の成約が取れる可能性があるんです。

詐欺的な情報商材を見込み客に紹介するよりも、
見込み客の期待以上の価値がある情報商材を紹介した方が、
その後に別の情報商材を紹介した時に成約を取れる可能性がある事。

詐欺的な情報商材を見込み客に紹介して、
その見込み客からの信用を無くしてしまうと、
自分のブログの記事やメルマガの原稿を作成する為に使った
時間と労力が無駄になってしまう事。

それらの事を踏まえると、
詐欺的な情報商材を紹介する事は明らかな損失なので、
私が詐欺的な情報商材を紹介する事はありません。

また、長期的な視点から見ると、
普通に価値がある情報商材を紹介した方が得られる利益が多いです。

情報商材の価値は「その情報商材で得られる結果」と「再現性」にあります。

よって、私が紹介する情報商材は、

「その情報商材で得られる結果」

「その情報商材の再現性」

が申し分ないと自信を持って言える
価格以上の価値がある情報商材だけです。

あなたは、

「アフィリエイト(ネットビジネス)で稼ぎたい」

「経済的な自由を手に入れたい」

と思っているのだと思います。

もし、あなたがそう思っているのなら、
私がお勧めする情報商材はあなたの大きな力になるはずです。

「高いだけで価値がない情報商材にお金を払いたくない」

「価格以上の価値がある情報商材が欲しい」

そう、思っているのなら尚の事、
私が紹介する情報商材を手に取る事をお勧めします。

それでは。

タカシ

>>記事一覧へ

今よりも裕福な生活をしたくてアフィリエイトで稼ぐ事を選んだあなたへ

アフィリエイトで大金を稼ぎ続ける収入源を構築し、
経済的な自由を手に入れる為には、
何を学び、どんな行動を取れば良いのか

その答えを完全無料で公開します

あなたが経済的に自由になりたいと思っているのなら、
こちらをクリックしてください

アフィリエイト講座
アフィリエイター タカシのブログ