IKオンラインプログラムのレビュー(五十嵐 友 北野 昭裕)評判 詐欺

タカシです。

今回はIKオンラインプログラムをレビューしていきたいと思います。

こちらのIKオンラインプログラムは、
ダイレクト・レスポンス・マーケティング(DRM)を学ぶ事ができる教材です。

この教材製作者は五十嵐 友さんと北野 昭裕さんという方。

この教材は五十嵐 友さんと北野 昭裕さんと2名の
ダイレクト・レスポンス・マーケティングのノウハウを学ぶ事ができるわけです。

ただ、私はこのIKオンラインプログラムが欲しいとは思いません。

その事を踏まえて、このIKオンラインプログラムをレビューしていきたいと思います。

五十嵐 友と北野 昭裕のIKオンラインプログラム

・URL http://friendm1.com/ikop/

・五十嵐 友 北野 昭裕
・株式会社フレンドマーク
・神奈川県藤沢市湘南台4-9-4-202

IKオンラインプログラムのレビュー(五十嵐 友 北野 昭裕)評判 詐欺

このIKオンラインプログラムは
ダイレクト・レスポンス・マーケティング(DRM)の
ノウハウを学ぶ事ができる教材として制作、販売されている教材です。

ダイレクト・レスポンス・マーケティングは、
メルマガアフィリエイトと捉える事ができるので、
この教材はメルマガアフィリエイト系の教材とも言えます。

どちらもメルマガ購読者に
直接(ダイレクトに)メールを送って稼ぐ事を狙う手法ですので。

この教材製作者は五十嵐 友さんと北野 昭裕さん。

五十嵐 友さんと北野 昭裕さんが実際に行っている
ダイレクト・レスポンス・マーケティングノウハウを学ぶ事ができるのが
このIKオンラインプログラムだというわけです。

まあ、私はこの教材を欲しいとは思いませんが、、、。

五十嵐 友さんと北野 昭裕さんが
ブログ上で発信している情報を見てみましたが、
どちちらもブログで公開している
記事で主張している事の根拠と説得力に乏しいからです。

まず、ダイレクト・レスポンス・マーケティング(DRM)で稼ぐには、
説得力のあるメール(文章)を書く事が重要になります。

説得力のある文章を書く事が
ダイレクト・レスポンス・マーケティングで稼ぐのに重要になる為、
この手のダイレクト・レスポンス・マーケティング系の教材は
説得力のある文章の書き方を学べないと稼ぐ事が困難になるわけです。

五十嵐 友さんと北野 昭裕さんが説得力のある文章を書けるなら、
彼らの運営しているブログの記事は説得力があるはずなんですけど、
私は彼らのブログを読んでも説得力を感じませんでした。

説得力のある文章を書く事が重要になる
ダイレクト・レスポンス・マーケティングなのに、
その教材を制作した五十嵐 友さんと北野 昭裕さんの
ブログ記事に説得力を感じなかったので、

「このIKオンラインプログラムを実践しても稼げないだろうな」

というのがこの教材に対する私の率直な感想です。

この教材のセールスレターに書いてある事も
根拠や説得力に乏しいので、
この教材を実践しても稼げるとは思いません。

この教材はセールスレターでネットビジネス初心者が稼ぐには
サポートが重要だと主張している割に、
この教材は手厚いサポートを受ける事ができないので、

「セールスレターで主張している事と違くない?」

という印象を私はこのIKオンラインプログラムの
セールスレターを読んで持ちました。

このIKオンラインプログラムはヘッドコピーで

「あなたの質問に答える秘密クラブにご招待致します」

という宣言をして、次のような主張が続いています。

『聞きたい事を聞ける環境がなければ、あなたのビジネスは加速しない』

『分からないことを「ここをもっと教えて欲しい」と
 リクエストできる環境は必ず必要』

『今回は五十嵐と北野、2名の講師があなたのリクエストにお答え致します』

『ノウハウを1人で見つめているだけでなく、
 追加であれこれ聞ける協力者の存在、つまりサポートが必要です』

それらの事がこのIKオンラインプログラムのセールスレターに買いてある為、
この教材はサポートを売りにしているんだと思ったんですけど、
この教材のサポートはそこまで手厚いサポートを提供していません。

このIKオンラインプログラムで提供しているサポートは、
購入者の質問に対して五十嵐 友さんと北野 昭裕さんが答えたものを
追加コンテンツとして月4回まで配布するに留まっています。

そのセールスレターで「サポートが重要」的な事を主張しているなら、
この教材にコンサルサポートなりメールサポートを付けて、
教材購入者の疑問や不安、懸念に直接答えるようにした方が良かったですね。

その方が、このIKオンラインプログラム購入者が直面している
疑問や不安、懸念を解消する事ができるはずですので。

というか、このセールスレターで

『分からないことを「ここをもっと教えて欲しい」と
 リクエストできる環境は必ず必要』

『今回は五十嵐と北野、2名の講師があなたのリクエストにお答え致します』

『ノウハウを1人で見つめているだけでなく、
 追加であれこれ聞ける協力者の存在、つまりサポートが必要です』

と主張しているんですから、回数制限を設けて購入者の質問の答えを
追加コンテンツとして提供するよりも、
コンサルサポートやメールサポートを回数制限なしで行って欲しかったですね。

その方がこのセールスレターで主張している事と違和感がないと思います。

でも、実際はこのIKオンラインプログラムのセールスレターで
「サポートが重要」だと強調している割にはサポートがそこまでありません。

というか、このセールスレターは実際のサポートよりも、
大袈裟に書いてある印象を受ける内容になっているので、
誇大表現なのではないかと個人的には思いますけどね。

まあ、この教材製作者の五十嵐 友さんと
北野 昭裕さんの実力に私は疑問があるので、
彼らのサポートにこの教材代分の価値を感じないです。

この教材は月額課金制になっているんですけど、
初月に14,900円掛かり、
それ以降の月は1,900円という料金設定になっています。

このIKオンラインプログラムはインフォトップと
セールスレターで1,900円という価格を強調しますが、
初月に14,900円掛かるんです。

1,900円という事をアピールして販売しているなら、
初月に14,900円取らないで初月も1,900円にするべきだと思います。

それをしないで1,900円と安価で販売している事を強調して
この教材を販売しているのは、2か月目以降に継続利用者が減る事を
想定しているからなのではないでしょうか。

この教材は2カ月以降に継続利用者が減るような内容だと
販売者側が認識しているから、
初月に14,900円という価格設定にしていると思うわけです。

そう考えると、このIKオンラインプログラムは
販売者側が1,900円相応の内容だと判断して
この教材を販売している事になります。

ただ、この教材製作者の五十嵐 友さんと北野 昭裕さんは
自身のブログで基礎的な事や初歩的な事を薄く情報発信しているので、
この教材で学べる事が有料レベルになっているとは思いません。

まあ、超が付く程の初心者ならこの教材に価値を感じるかもしれませんが、
ダイレクト・レスポンス・マーケティング(メルマガアフィリエイト)の
初歩的な事や基礎的な事なら検索エンジンで調べると知れます。

このIKオンラインプログラムのノウハウを
お金を払ってまで学びたいとは私は思いませんね。

以上、IKオンラインプログラムのレビューでした。

それでは。

タカシ

>>記事一覧へ

今よりも裕福な生活をしたくてアフィリエイトで稼ぐ事を選んだあなたへ

アフィリエイトで大金を稼ぎ続ける収入源を構築し、
経済的な自由を手に入れる為には、
何を学び、どんな行動を取れば良いのか

その答えを完全無料で公開します

あなたが経済的に自由になりたいと思っているのなら、
こちらをクリックしてください

情報商材レビュー
アフィリエイター タカシのブログ